保険

保険

今現在の日本には、強制保険任意保険の2種類の保険が存在しています。

 

強制保険と任意保険

まだ早い強制保険との強制は、法律によって加入が義務付けられている保険のことを言います。それに対して、任意保険は、その人の自由な考えや意思(任意)の任せて、保険に入るか入らないかを決めることができる保険のことを言います。

強制保険は今のところ、自動車損害賠償責任保険(通称、自賠責保険)労働者災害補償保険(通称、労災保険)国民健康保険介護保険の4種類がありますが、基本的に、同じような事故や事件、または生きていく上で必要な損害や金額が予想できる物。損害額がとても大きい物。さらに、その損害を補償しなければ、損害を受けた方の今後に支障をきたす物。という3つの事に当てはまるものが、強制保険となっています。

逆に、任意保険は大きくない物(損害)などもあり、主に自分のために掛けるものですので、絶対に必要な物でなく「万一のときは、便利」というものが多いようです。少し前まで、この保険は、「転ばぬ先の杖」として使っていましたが、万一がおきなけらば、お金は掛け捨てとなることが多かったのですが、一定の期間、保険が必要ない時期が続くと、それまでの保険料が一定額戻ってくると言うタイプも多くなっています。

強制保険は4種と決まっているのですが、任意保険に関しては、種類も手当ても多種多様です。基本的に任意保険は保険会社と呼ばれる、保険加入してもらうことで、利益を得ている会社ですので、その会社独自の手当てや保障、サービスなどを採用しています。もちろん、加入者もより良い保障を求めているので、手当てや保障の条件、サービスなどが悪ければ、加入者が減ってしまいますが、良すぎると逆に、利益が減ってしまいます。この辺が悩みの種となるでしょう。

保険を考える年齢

自動車保険を考える場合、俗に言う「働き盛り(?)」の方が多いようです。結婚や子どもが生まれたりすると、自分が万一のときに、残された家族のためにと、死亡時の生命保険や怪我や病気になった場合の保険などに加入することが多くなってきているようです。他にも、体調不良になったときのために保険の加入を考えることもあるそうですが、保険の場合、過去に病気や怪我をしたなどのことがあると、保険加入を断れることがありますので、早めの加入を考えるべきでしょう。

また、生命保険への加入を第一に考え傾向があるようで、次いで、医療保険となっているようです。また、子ども達の勉学のための学資保険などもあります。他に自動車やバイクを購入したり、運転するなら、自動車保険に加入するでしょう。起こってからでは遅いのです。起きる前の保険なのですから。

確かに、万一の事態が起きなければ、保険料が一定額戻ってくるとしても、多少の金額が掛け捨てとなりますが、その万一がいつ起きるか分からない以上、掛け捨てを承知で、掛ける必要が出てくるでしょう。逆に、保険を掛けなければ、人生を破滅させてしまうこともないわけではありません。しかし、だからといって、やみくもに掛けても意味が無いので、自分に合った保険を考えてみましょう。中には一時の旅行を保証する海外旅行保険といったものもあります。この場合は旅行のときだけですので、掛け捨てで保険をかけるのは仕方のないことでしょう。

check

レザーグッズ、帆布バッグなど天然素材のバッグ・雑貨を、神戸よりハンドメイドでお届けします。

かわいい帆布トートバッグ|クルート

スーツケースなら軽量がオススメ!スーツケース通販は「旅マルシェ」サンコー、ロンカート、パスファインダー、バーマスなどのブランドスーツケースを取り揃えています。今なら旅行に便利な「コンパクト」計量器」プレゼント!

スーツケース

キャッシュフローゲーム体験会&金持ち倒産セミナーの情報がご覧いただけます。

キャッシュフロー

セブ島留学・フィリピン留学のFEAは、数少ない《TESDA認定》の語学留学スクールです。当スクールはフィリピン・セブ島のホテル滞在型で安全・安心の日本人経営!セブ島留学で質にこだわりたい方はFEAへご相談ください。

セブ島 留学

飼育環境にとことんこだわった豆柴、ティーカッププードル、トイプードル子犬販売を行っています。ぱぴぷぺっとでは他犬種もブリーダー直販でお届けします!

ティーカッププードル ブリーダー